交通事故にあった同乗者の私の保険適用ってどうなるの??

交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

今回は、交通事故が起きた際の同乗者の保険適用についてご紹介します。

『保険の適用範囲』

まず、自賠責保険についてですが、自賠責保険は運転手だけでなく、同乗者にも適用が可能で、たとえ友人や恋人であった場合でも基本的に問題ありません。

しかし、単独事故の場合、運転手は自賠責による補償を受けることができず、任意保険を適用するしかありませんので、ご注意ください。

同乗者に関しましては、単独事故でも自賠責保険の適用が可能です。

同乗中事故にあってケガをした場合、同乗者は自分が乗っていた車と相手の車両方の運転者が加入する自賠責保険に請求することが可能です。

*もし過失割合が10割の加害車両の場合、運転者には自賠責保険は適用されませんが、同乗者には適用可能です)

自損事故の車に同乗していた場合でも運転者の自賠責保険へ請求が可能です。

なぜ自賠責保険が適応されるの??

自賠責保険は「他人」に対する「対人保険」なので交通事故でケガをした場合の請求先は相手の加入している自賠責保険ということです。

「他人」だから保険が適応されるんです。

自賠責保険は「他人」のケガに適用されます。この「他人」の範囲ですが、いわゆる「運行供用者」に該当しない場合は適用されるということになっています。

※「運転供用者」とは、その自動車の運行を支配し運行による利益を享受する者と定義されています。

⚫︎運行供用者に該当する例(適用不可)

自動車の所有者

レンタカーの貸主

自動車を他人に貸した人

自動車の所有者は子供でも、維持費の負担をしている親

従業員の自動車を業務用に使用させている雇用主

車の修理、保管等を託された修理業者

もし、車に乗っていて事故した場合は自分が運行共有者になるのかを保険会社の方に問い合わせてみてください。

任意保険を適用する

次に、任意保険についてです。

運転者が加入する任意保険の条件によっては同乗者の方にも適用可能です。

任意保険の適用で大きなポイントとなってくるのが同乗者と運転手の関係です。さきほどお話した自賠責保険の場合、運転手と同乗者の関係が問われることはありませんが任意保険の場合は異なります。

任意保険を適用する場合、運転手がどのような保険に入っているのかが重要で運転手が対人賠償責任保険人身障害補償特約に入っている場合は同乗者が家族かどうかで適用できるかできないか変わります。

たとえば対人賠償責任保険の場合、『親・子供・配偶者』に対しては適用することができず、『兄弟・友人・恋人』には基本的に適用できます。

人身障害特約につきましては、どちらの場合でも適用できる可能性が大きいです。

 助手席や後部座席で事故にあい直後にあまり痛みが出なかったとしても、必ず病院や整骨院に行くようにしましょう。

もしすぐに病院や整骨院へ行く時間がないという方は痛みが出るかもしれないので炎症を抑えることを行ってみてください。

カラダを痛めたときのアイシングの行い方!

突然、「捻挫した!でも・・・温める?冷やす?」迷われたこと、ないですか?

よく、「分からんかったから温めた!」なんてことをよく耳にします。

間違いではないのですが、一番は冷やすことです!!どうして冷やすのが良いかというと痛みの出始めは‘‘炎症‘‘と言ってその部分が熱を持っている状態です。

そこで今回はすぐに使えるアイシングの作り方をご紹介します。

<アイシングに必要道具>

氷のう(アイシングのバッグ)を用意。

まず事前に用意するものは3つ。

①氷

②水

③氷と水を入れる物

*ビニール袋やジップロックでは、万が一水漏れを起こすと衣類や体が濡れてしまいます。

アイシング慣れしていない方は氷水を入れる市販の物を用意された方が安全に行えますのでお勧めです。

<やり方>

①氷と水を入れる

製氷機や冷凍庫から出した氷には霜が付いているのでそのまま皮膚に当てると霜焼けや凍傷を起こす可能性があるため、必ず水で霜を洗い流してください。霜はサッと水をかけるだけで取れます。

②余分な空気を抜く

氷と水を入れた際、氷のうの中には空気も一緒に入った状態です。

空気の入った状態で密封すると空気量が多くて、水風船のようになってしまって皮膚に密着せず冷却効果も落ちますので必ず氷のうの中にある余分な空気を抜いてください。

③ 氷のうの口の部分を細くし、氷水の入った袋を圧縮し余分な空気は外へ出す

④しっかり空気が抜けた段階でふたを閉めます。

空気抜きは必須!必ずやりましょう。

細かいコツですが、これが出来るかどうかで治療効果が大きく変わってきますので必ず行われて下さい♪是非やってみてくださいね。

『まとめ』

以上、同乗者の保険適用についてご紹介しました。もし、もっと知りたいという方や、事故の治療で悩んでいるという方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。いつでもご連絡お待ちしております。

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。