『むち打ちの治療期間について』

こんにちは。

交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

今回は、むち打ちの治療期間についてご紹介します。 

 

『むち打ちの治療期間』

 

むち打ちの治療期間はケースや症状によるのですが、症状が軽い場合、1ヶ月〜3ヶ月程度症状が重い場合は6ヶ月程度かかってしまうこともあります。

 

 

 交通事故で筋肉を傷めているだけなら、症状は比較的軽度で、治療に長い期間を要することはないのですが、神経を損傷してしまっているような重度のむち打ちの場合は、治療に長い期間を費やしてしまいます。

 

 もちろん、治療の期間に関しては年齢も関わってきます。若い人だと比較的、回復が早いですが、年配の方になってくると治癒力の低下があるため、目安の期間より治療が長引いてしまうことがあります。

 

また、心理的な理由や、精神的な理由で症状が長引き、治療期間が長くなってしまうこともあります。

 

 意外かもしれませんが、むち打ちには身体的なものだけでなく、心理的・精神的なことも関わっていると言われております。

 

 ひどい場合、むち打ち後にうつ病になってしまう方もいるくらいです。

 

 心理的と言っても、実際に痛くないのに痛く感じるとかそういうものではなく、実際に痛みに合わせてさらに痛みや違和感を感じるといったようなものですね。

 

交通事故後のストレス

 

身体的にも、精神的にも参ってしまって治療が長引くことがないように、出来る限り治療の間隔は開けないよう心がけ、痛みがひどいときには、2日に1回治療をするようにしましょう。

 

 2日に1回って多いように思えますが、早く治すためには不自然なことではないのです。

 

 

むち打ち治療に関して、気になることがあればお気軽にご相談ください。

 

豊富な経験と知識で対応させて頂きます。

 

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

 

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。

 

 

 

// 次の記事がある場合にリンクを表示 // 前の記事がある場合にリンクを表示