信号が黄色から赤色に変わるときは要注意!信号無視で交通事故に遭われた方の事例

こんにちは。

交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

 

今日は、交通事故に遭ってしまったBさんの事例をご紹介します。

 

『Bさんの事故事例』

Bさんは会社員の男性なのですが、仕事が終わって19時頃に車で自宅に帰る途中、交差点で事故に遭ってしまいました。

 

Bさんの車と接触した方は、信号無視をして交差点に侵入してきたらしく、スピードも出していたため止まりきれず、Bさんの車に横から追突してしまいました。

 

 信号無視をしてBさんの車に衝突してしまった人は、信号が黄色から赤信号に変わったが、急いでいたため、つい無理に交差点に侵入してしまったと話していたそうです。

 

『信号無視による事故と注意点』

 

信号無視による事故は、とても多いです。

 

今回のように黄信号から赤信号に変わってからすぐの信号無視は特に。

 

 

いけそうって気持ちも分かるのですが、そこはどんなに急いでいても、ぐっと我慢して、黄色信号でも停止するように心がけましょう。

 

 さらにお伝えすると、この事故が起こった19時頃は、会社から帰宅する人が多い時間帯ですので、車も多くなりますし、早く家に帰ってゆっくりしたいがために、スピードを出して帰宅する人も多いです。

 

 Bさんに車をぶつけた方も仕事帰りだったらしいです。

 

 仕事が終わって急いで帰りたいのは皆さん同じですので、決められたスピードで、安全運転をすることが大事です。

 

 この事故では、Bさんはもちろん車をぶつけた方もケガをしてしまい、しばらくの間まともに仕事ができなくなってしまいました。

 事故に遭って仕事ができなくなると、ケガの大小に関わらず、今後の人生に関わってくることもありますので、それを常に考え運転しましょう。

 

事故後の施術は簡単なものではありません。

ひどい場合、6ヶ月以上の期間施術に通わないといけないこともありますので、

 

ぜひお気をつけて運転されてください。

 

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

 

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。

 

 

 

// 次の記事がある場合にリンクを表示 // 前の記事がある場合にリンクを表示