事故したあとに困ること!『示談交渉の注意点』を事例を使ってご紹介!

こんにちは。交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市和歌山スマイルはりきゅう整骨院の野鹿瀬です。

今回は、Iさんの事例を紹介しながら示談交渉の注意点をご紹介します。 Iさんは、交差点で信号街をしていたところ、後続車に追突されてしまい、むち打ちになってしまいました。

 Iさんから当時のお話が聞けたので、詳しくは下記をご覧ください。

『Iさんのお話』

私は、仕事が終わり、車で自宅に帰る途中に後続車に接触され、衝撃で首を傷めてしまいました。

私の車に追突した方は、すぐに車からおりてきて、私に謝罪をした後、損害賠償のお話をしてきました。

 しかし、私は何も考える余裕がなかったため、その日は落ち着いてから改めて話をするよう伝え、具体的な金額の話はしませんでした。

 あとから分かったのですが、示談交渉は治療がすべて終わってからすべきだということでした。

 もしすぐに金額を話し合っていたら、損害賠償に適切な金額がもらえず、損をしてしまっていたかもしれません。

 私の場合、たまたまですが示談交渉を行なっていなくてよかったです。

 皆さんも示談交渉の際には十分に注意してください。

示談のときに気になることって?? 

示談交渉は事故後すぐ始めることも可能なんです。

軽度の物損事故の場合、見知らぬ相手との交渉はその場限りにして、一刻も早く示談を終わらせたいですよね。

示談交渉は事故後いつでも開始することができて、その場での口約束やメモ書き程度でも示談が終了したと見なされることがあります。

しかし!

いかに軽い事故とはいえ、車両の損傷や体の怪我がないように感じられても後日はっきりすることもあります。

きちんと警察に通報し交通事故証明書を入手できるようにして、痛みがあるなら通院し後日改めて示談交渉を開始するようにしましょう。

体を痛めた場合は、ケガが「完治」してから交渉を開始!

被害者が加害者に請求する損害賠償金には交通事故で負った怪我の入院費や治療費、交通費なども含まれます。治療が終了するまでは損害賠償金額が確定しないのでしっかりと怪我を治してから示談交渉を始めましょう。

治療が終了するまで通院を続けるために

①事故直後に病院に行った際に交通事故によるケガであることを診断書に記載してもらうこと

②仕事が忙しくなっても途中で途切れさせずに通院することが重要

『まとめ』

示談交渉についてですが、示談交渉は治療が終わって具体的な金額が分かってから行うようにしましょう。

 そうしないと、事故の被害者にも関わらず、十分な補償を受けられなくなってしまいます。

 示談書が作成され、示談が成立すると、治療費などの補償が足りなくなってしまった場合でも追加で請求することが困難になってしまいます。

 損をしないためにも、示談の際には専門家の意見を聞くなどして、慎重に進めていってください。

 示談交渉や交通事故の治療のことで気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。

 

著者

和歌山スマイルはりきゅう整骨院 院長 野鹿瀬 靖識 
柔道整復師、鍼灸師、交通事故専門士、JCCA(コアコンディショニング)トレーナー
整体からトレーニング、骨盤・姿勢の矯正や美容鍼灸までオールマイティに施術する整体歴14年のベテラン。