『交通事故を起こしてしまった際の対処法』

こんにちは。

交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市鍼灸整骨院

和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

 

今回は、交通事故の加害者になってしまった際の対処法についてご紹介します。

 交通事故を起こしてしまい、相手にケガをさせてしまった場合、ほとんどの方が焦ってしまい、適切な行動を取ることができません。

 もちろん交通事故は起こしてはいけませんが、もしもの場合に備え、事前に知っておくことも大事です。

 

『交通事故を起こした際にすべきこと』 

 

では、交通事故で起こしてしまった場合、まず何をすればいいのでしょうか?

交通事故を起こした際、第一にすべきこと。

 

それは負傷者の救護をすることです。

 

 

すぐ相手の状態を確認して、救急車を呼びましょう。

 ここで注意して欲しいことが車を停める場所です。

 

すぐその場に車を停め、救護に向かいたいところですが、道路の真ん中に停めてしまうと2次被害が起こる可能性もあります。

 

 道の端に停めてから救護に向かいましょう。

 

 次に警察への連絡です。

 

 

警察に電話すると、対処法を指示されますので、指示に基づき適切な行動を取りましょう。

 警察への連絡後は、事故に関する情報集めです。

 

ここでは、相手の身元の確認や、事故の目撃者探しを行います。

 警察や保険会社との話の際に、目撃者の証言が必要です。

 

 そして現場の状況が落ち着いてから、保険会社への連絡を行ってください。

 

後々起こりうるトラブルを避けるために重要です。

 最後に、必ず自分自身も病院に行ってください。

 

その場でケガをしてないと思っていても、後日症状がでてくる可能性があります。

 以上が交通事故後の流れになります。

 

何か気になることや、不安なことがあればいつでもご連絡ください。

 

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

 

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。

 

著者

和歌山スマイルはりきゅう整骨院 院長 野鹿瀬 靖識 
柔道整復師、鍼灸師、交通事故専門士、JCCA(コアコンディショニング)トレーナー
整体からトレーニング、骨盤・姿勢の矯正や美容鍼灸までオールマイティに施術する整体歴14年のベテラン。

 

 

 

// 次の記事がある場合にリンクを表示 // 前の記事がある場合にリンクを表示