交通事故の症状で多い「むち打ちによる股関節の痛み」についてストレッチもご紹介

交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市和歌山スマイルはりきゅう整骨院のです。

今日は、むち打ちとその症状について紹介します。

自動車同士の交通事故に遭ってしまった方の多くが首の痛みを訴え、施術にやってきます。

ちなみに意外と知られていませんが、むち打ちは正式名称ではなく、正しくは「頚椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」と言われるため、病院ではこのように診断されることが多いです。

 『むち打ちの症状』

では、具体的にむち打ちの症状には、どんなものがあるのでしょうか?
首が痛い。首が曲がらない。首がまわらない。

皆さんはこういったことを思いつくのではないでしょうか?

もちろんむち打ちの症状として、首の痛みっていうのはあるのですが、実はこれだけではなくて、倦怠感や手足の痺れ、めまい、吐き気などもむち打ちの症状として挙げられます。

そして実は多い「股関節の痛み」。

なぜ、むち打ちでそんな症状がでるの?と思ってしまうかもしれませんが、車に乗っているときはシートベルトを締めて、股関節は「固定」されているような状態になります。

股関節周辺を損傷してしまうと多くの場合、骨盤周りの神経を傷めてしまうこともあります。

そのため痺れや、めまいなどの症状も引き起こしてしまうのです。

そして、交通事故でむち打ちになってしまった場合、特に目立った外傷もなく、その時は首がちょっと痛い程度で終わったのに、後日、足の痺れがでてきたっていうことも多いのです。

『むち打ち症状が出始める頃は?』

基本的にむち打ちは事故当日ではなく、翌日から症状が出てくると言われております。事故後、数週間は安静にしておくことが大事です。

自分では大丈夫って思っていても、重度のむち打ちって可能性もあります。事故に遭った場合は、必ず病院や治療院で一回は診てもらうようにしましょう。

何もなければ良いですが、もしもの場合を考えて。最悪の場合、後遺症が残ってしまうこともあります。

交通事故で体の痛みや違和感など辛い状態にならないように簡単にできるストレッチやツボ押しをご紹介します。

特に今回は交通事故で多い股関節の痛みに効果的なストレッチをご紹介します。

股関節の痛みに効果的なストレッチ

股関節を柔らかくするストレッチ

1、脚を大きく開き、つま先を外側に向けます。

*このとき、膝もつま先と同じ向きとなるよう気をつけてください。

2、そのままの姿勢で腰を真っ直ぐに落とし、両膝の内側に手を置きます。

3、上記の姿勢のまま、肩入れをおこないます。

このとき、入れた肩と同じ側にある膝を、そこに当てた手で後ろ側へと開くようにして、10秒ほどキープしてください。これを左右5回ずつ繰り返します。

足を組む腰痛改善ストレッチ

1、椅子に座って足を組み、息を吐きながら上体を倒していきます。

2、倒せるところまで倒したら、5秒ほどキープし、ゆっくりと上体を起こします。

この動きを左右の足を組みかえてそれぞれ5回ほど繰り返してください。

腰のゆがみを取るストレッチ

1、膝を揃えて座り、後ろに手をついてバランスをとり、揃えた足を左右に3回ずつ振っていきます。

このとき、膝とかかとがついたままとなるよう気をつけてください。

参考:歩き方や座り方にも影響が出る、股関節の痛みとは??

この記事を見て、気になることや、もっと知りたいことがある方は、お気軽にご連絡ください。

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。