交通事故にあった次の日からの対応方法をアドバイスします|和歌山市岩出市

こんにちは。交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市の和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

交通事故後は、どのような対応をとっていいかわからない方が多いと思います。

その時に症状が出ていなくても、後日むち打ちになってしまう可能性もあるのです。

そこで、30代男性Mさんの事例をご紹介します。

Mさんは交通事故に遭ってしまい、怪我がなかったので大丈夫と言ってしまいました。

しかし、後日むち打ちになっているとわかり、対応方法で悩んでしまったのです。詳しいお話をご覧ください。

『Mさんの体験談』

交通事故に遭った時に、怪我や痛みがないことから大丈夫と判断してしまいました。

翌日になって首が痛み、むち打ちになってしまったと気づいたのです。

昨日の時点で、病院に行っておけばと後悔しました。

交通事故に遭ったのは初めてだったので、どのような対応を取ればいいのかわかりません。

そこで、治療方法だけでなく交通事故後の対応方法もアドバイスしてくれる和歌山スマイルはりきゅう整骨院に相談に行ったのです。

先生は丁寧に話を聞いてくれて、どのような治療をすればいいのか、手続きに関してもアドバイスをしてくれました

自分一人の力では、対応方法がわからず途方に暮れていたと思います。

本当に相談してよかったと感謝の気持ちでいっぱいです。

交通事故後の対応は知っていますか??

交通事故後みなさんがよく悩まれるのは事故後の対応です。よくネットでも事故した直後の警察を呼ぶことなどの対応は記載されていることが多いですが、自宅に帰りその後の対応はどのようにされるかご存知ですか??

交通事故に遭った場合の大まかな流れは以下のとおりとなります。

1、相手側の保険会社担当者から連絡

加害者が任意保険に加入している場合、加害者が保険会社に連絡すれば保険会社の担当者から被害者に連絡が来ます

電話や書面で連絡がくることがほとんどです。


2、担当者に通院する治療先を伝える

治療費を相手側の保険会社の方が治療機関に直接支払ってくれます。(一括対応)そのためにも担当者に通院する治療機関の名称と連絡先を伝える必要があります。

3、担当者から書類が届く

相手の保険会社から書類が届きます。

なんとなく難しい書類が届くイメージはするかもしれませんがどんなものが届くかを記載しているのでざっくり覚えておいてください。

☑通院交通費明細書

☑休業損害証明書

給与所得者(サラリーマン)・アルバイト・パートの場合は、勤務先の方に休業損害証明書という書類を書いてもらいましょう。

☑支払指図書

賠償金の振込先を指定する書類のこと

☑同意書

病院が保険会社宛に診断書などを送付(開示)することを同意する同意書


4、休業損害の手続き

みなさんは「慰謝料」という言葉はよく耳にするかもしれません。休業損害というのは実際にお金の面で不利益が生じることになります。交通事故により元々確保できたはずの収入や利益が減ってしまう財産的損害というもので精神的損害である慰謝料とは別の種類の損害です。

5、医療紹介

病院に対して被害者の症状の問い合わせがあるということです。

これは休業損害をいつまで支払うか、一括対応の打ち切り(終了)時期の判断材料として行われます。

6、治療終了時期の交渉

保険会社との交渉により打ち切り(終了)時期が合意できない場合でも、保険会社の判断により打ち切り(終了)は可能です。

保険会社が代わりに治療費を支払ってくれることははあくまで保険会社のサービスなので対応を強制することはできないからです。

7、後遺障害の認定

8、示談交渉

9、示談をして終了

3、保険会社の対応が悪いときの対処法

ただでさえ交通事故に遭われて不安になってしまうのに、保険の担当者からのストレスを被ってしまうと治療になりませんよね。保険会社の担当者さんも忙しいのはわかりますが・・・

対応で不満を感じた際の対処法も記載しておきます。

(1)お客様相談窓口に相談してみる

あまりにも保険会社の担当者の態度が悪い場合は相手の保険会社の本社等にある相談窓口に相談してみるという方法もあります。

そうすると、担当者の対応が変わったり、担当者が変更になることもあります。

*相談窓口に話すべきなのは、担当者の態度があまりにも悪いというような場合であって、賠償額に納得がいかないという場合ではありません

(2)弁護士に依頼する

保険会社の担当者と話しているとストレスが溜まってしまう保険会社から提示された賠償金額に納得できない等、保険会社の対応に不満な場合、弁護士に依頼することを検討してみても良いでしょう。

弁護士に依頼すれば保険会社とやり取りをしないで済みますし、賠償金額についても弁護士が被害者の言い分を踏まえて保険会社の計算におかしなところがないかチェックし正当な賠償額を得るべく交渉してくれます。

保険会社の対応が悪いときの対処法として有効でしょう。

『まとめ』

交通事故後は、誰でも焦ってしまいますよね。痛みがなくてもむち打ちになっていたことを後から知り、相談にいらっしゃる方も多いのです。

和歌山スマイルはりきゅう整骨院では、その場合にどのような対応方法をとればいいのか、治療方法も含めてアドバイスをすることができます。

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。