交通事故の症状で多い「むち打ち」についてまとめました。|和歌山市岩出市

交通事故後、目立った外傷がないという場合でも注意が必要です。軽度の交通事故の中でも症状を訴える方が多い「むち打ち」についてまとめましたので、あてはまる点がないかチェックしてみてください。

1.むち打ちの症状

むち打ちは、交通事故などの急激な負担が体にかかることによって引き起こされる症状です。首などの体の部位が、急ブレーキや突撃などによってむちのようにしなることでむち打ちが起こります。

むち打ちの主な症状としては首全体の痛みや一定の部分の痛み、肩や首のコリ、めまいや目の疲れ、吐き気、全体的なだるさなどがあります。

むち打ちは大きく5つの種類に分けることができます。その症状を詳しく見ていきましょう。

2.種類別の症状

むち打ちの種類とその症状についてご紹介いたします。

2-1.頚椎捻挫型

頚椎捻挫型はむち打ちの中でも最もメジャーな症状で、交通事故後のむち打ちは8割程度がこの頚椎捻挫型とも言われています。首を捻挫した状態のことで、首を動かすと首の後ろ、肩や背中に痛みが走ったり、肩を動かすことができなくなったりします。他にも肩や背中のコリが取れなくなる、頭痛やめまいがするといった症状が起こる場合もあります。

2-2.根症状型

頚椎にある椎骨の並びが、交通事故の衝撃によって歪んでしまうと、その間を通っている太い神経が圧迫されてしまいます。このタイプのむち打ちを根症状型と呼びます。神経が圧迫された状態が続くので、一般的なむち打ちよりも様々な影響が出ます。

首の痛みはもちろん、しびれやだるさがあるようなら根症状型の可能性も。後頭部や顔面に痛みが出る場合もあります

2-3.バレ・リュー症状型

バレ・リュー症状型は交通事故の衝撃で頚椎にある交感神経が傷つき、脳脊髄への血流がうまく循環しなくなることで引き起こされます。交感神経が緊張することで自律神経のバランスが崩れ、頭痛、後頭部の痛みといった症状が出ます。首の痛みではなく頭痛がひどいといった場合は、このバレ・リュー症状型である可能性が高くなります。

2-4.脊髄症状型

むち打ちの中でも症状がひどいのが脊髄症状型です。脊髄損傷をしている状態で、首の痛みや頭痛といった軽度の症状ではなく下半身が動かせない、うまく歩くことができない、排泄行為に支障が出るといった症状があります。

脊髄が傷つき、下半身を動かす神経にも影響が出てしまっている状態です。

2-5.脳脊髄液減少症

さらに脳脊髄液減少症という症状もあります。むち打ちと似た症状であるものの、放置していたり間違った治療を続けているとなかなか症状が改善されなくなってしまいます。

症状としては起き上がれないほどのひどい頭痛が続く、横になると症状が落ち着く、吐き気、めまいが起こるなど

交通事故の衝撃で硬膜という脳や脊髄を守るクッションが破れると、脳脊髄液が漏れてしまいます。脳の水位が低下し、神経なども一緒に下がってしまうため頭痛などの症状が起こるようになります。

 

3.むち打ちチェックリスト

交通事故後、とくに怪我をしていないからとそのまま過ごすのは危険です。これから紹介するような症状が一つでも現れたら、むち打ちになっている可能性があります。すぐに医師に相談し、適切な治療を受けるようにしましょう。

☑️体のだるさが取れない

☑️首を動かしにくい

☑️首が熱い感じがする

☑️首を動かすときに痛みがある

☑️首を前後左右に倒しにくくなった

☑️朝頭痛がする、頭痛が治らない

☑️寝起きが悪くなった

☑️痛みはないものの内出血が確認できる

☑️整形外科では問題無しと診断されたものの症状が改善しない

☑️首から頭、肩と痛みの出る場所が変わる、または増える

4.むち打ち症状が出始める頃は?

交通事故後すぐにむち打ちの症状が出ないことは多々あります。交通事故後はとくに脳も興奮状態になっており、なかなか痛みを感じにくくなっているため、とくに外傷のないむち打ちには気づかないことも多いのです。

むち打ちの症状が出始めるのは交通事故後2、3日から数週間経ってからという場合もあります。数日後に体に違和感が出てきた場合もすぐに病院で診察してもらいましょう

当日はとくに痛みがなくても、むち打ちになっている可能性は充分にあります。できることなら当日には整形外科か整骨院を受診しておくのがおすすめ

あとから症状を訴えても、保険会社から疑われたり交通事故との関係はないと言われて保険金や治療費を出し渋られる可能性もあるのでご注意を。

また、示談が成立してしまったあとでは補償を受けられなくなってしまいます。交通事故後、とくに怪我をしていないからとさっさと示談を成立させてしまうのではなく、その後の経過をよく観察しましょう。

5.まとめ

交通事故後の症状の中でも多いむち打ちについて詳しくご紹介いたしました。むち打ちチェックリストにあてはまる症状はありませんでしたか?放っておくと治りが遅くなったり後遺症が出ることもあるむち打ち。軽いものと考えずに、すぐ医師に相談して必要であれば整骨院などで治療を受けましょう。

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。