交通事故による腰の痛み(むち打ち)の原因と対処法

和歌山市で交通事故治療に施術実績が豊富な和歌山スマイルはりきゅう整骨院です!!

 

交通事故に遭ってしまうと、腰の痛みが出てくることがありますよね?

事故直後から痛むこともあれば、日にちが経ってから痛む場合もあると思います。

 

実は一口に腰の痛みと言っても交通事故による腰痛の原因にはいろいろな種類があって、痛む箇所や症状は様々なんです。

 

同じような交通事故で起こった同じような腰痛でも、詳細な事故の状況や体格によって、痛みは変わってきます。

しかも!

 

交通事故なんてそんなに頻繁に遭うものではないので、初めてのことだという方がほとんどでしょう。

 

自分の腰の痛みが単なる打撲なのか、骨や神経にまで異常があるのか、よく分からず不安になってしまいますよね。

そこで今回は、交通事故に遭った後に出る腰の痛みについて、考えられる原因や対処法をお話していきたいと思います。

 

現在、交通事故による腰の痛みでお悩みの方はもちろん、そうでない方も、今後交通事故に遭ってしまった時への予備知識として(遭わないに越したことはありませんが)読んでみてくださいね。

 

もくじ

・交通事故による腰の痛みの種類

・交通事故による腰の痛みの原因

・交通事故による腰の痛みの対処法

・最後に

 

■交通事故による腰の痛みの種類

 

まずは、交通事故による腰の痛みの種類を見ていきましょう。

それによって、どういう原因が考えられるのか、どんな対処法が有効なのかが変わってきます。

 

どんな場合に腰が痛むのか、また腰以外に痛むのはどこか、考えられる腰の痛みの種類を挙げていきます。

あなたの症状に近いのはどんな痛みか、照らし合わせながらご覧ください

 

・腰に圧力をかけると痛む。

・前かがみになると腰が痛む。

・背筋を伸ばすと腰が痛む。

・腰を動かそうとすると痛む。

・事故後しばらく経ってから腰が痛み始めた。

・腰の痛みと共に足先にも痛みやしびれがある。

 

いかがでしょうか。

あなたに当てはまるものはありましたか?

 

では次は、それぞれの痛みの原因について詳しくみていきましょう。

 

■交通事故による腰の痛みの原因

 

 

ここでは、前項で挙げた腰の痛みについて、和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院が考える原因をみていきます。

原因によって対処法が大きく変わってくるので、あなたの痛みの原因は何か、絞っていきましょう。

 

・腰に圧力をかける(押さえる)と痛む。

腰をおさえたときに痛むのは、打撲である可能性が高いです。

事故のときに腰を強く打ったり、車等が腰にぶつかったりした方は、この原因を疑いましょう。

 

・前かがみになると腰が痛む。

・背筋を伸ばすと腰が痛む。

・腰を動かそうとすると痛む。

 

以上のように腰に力をかけたときに痛む方は、背骨の歪みから腰痛が出ている場合が多いです。

交通事故によって起こる腰痛の原因で一番多いのが、この背骨が歪んでいるケースです。

 

事故の衝撃等によって背骨が歪むと、背骨の下にある腰椎の神経を圧迫して、それが原因で痛みが起こります。

事故の際にとっさに無理な体勢を取ってしまったりした方や、他にもストレスや入院によって運動不足になり筋力が低下した方など、慢性的な原因で起こることもあります。

 

 

このパターンでは他にも股関節の動きが悪くなってしまい、腰に痛みを誘発する場合もあります。

 

和歌山市で交通事故(むち打ち)治療につよい整骨院整体院はこちら

 

・事故後しばらく経ってから腰が痛み始めた。

事故後すぐではなく、時間が経過してから痛みが出たという方は、頚椎捻挫が原因かもしれません。

首の骨と腰の骨は、互いに繋がって連動して動いています。

 

そのため、頚椎の捻挫によって首の動きが制限されてしまうと、その影響が腰にまで及ぶことがあります。

交通事故から時間が経ってから腰痛を感じ始めた方は、これに当てはまる場合が多いようです。

 

・腰の痛みと共に足先にも痛みやしびれがある。

腰痛だけでなく脚や指などに痛み・しびれ・またはむくみなどが出ている方は、椎間板ヘルニアなど神経異常が出て来ている事を疑いましょう。

 

事故の衝撃で背骨の中にある椎間板が飛び出し、神経に当たってしまうことで痛みが出ることを椎間板ヘルニアと呼びます。

痛みが腰以外の場所にも出ている方は、このケースに当てはまる可能性が高いでしょう。

 

 

さて、あなたの腰の痛みの原因はだいたい見当がついたでしょうか。

では次は対処法ですね。次の項で解説します。

 

■交通事故による腰の痛みの対処法

 

痛みの原因がある程度判明したら、次は対策をとらなければなりません。

原因によって温めるほうがいいのか冷やすほうがいいのか、対処法が大きく変わってきます。

 

上で挙げた原因別に、和歌山スマイルはりきゅう整骨院が考える対処法を解説していきましょう。

 

 

・打撲

腰痛の原因が打撲の場合は、まずは冷やすことが一番の対処法でしょう。

 

ただし冷やすときは、患部のみをピンポイントで冷やすことが重要です。

患部以外の周囲まで必要以上に冷やしてしまうと、血管が収縮し、組織の修復になる栄養の循環を妨げてしまいます。

むやみに広範囲を冷やさないよう気をつけてください

 

そして、もし痛みが長引く場合は、無理に自分でどうにかしようとせず、病院もしくは整骨院に行きましょう。

 

和歌山市で交通事故(むち打ち治療)に強い整骨院はこちら

 

交通事故は車やバイクなど、人間の力ではない大きな力が加わっていることも多いので、スポーツによる打撲と同じように考えるのは危険です。

 

・背骨の歪み

あなたの腰痛の原因が背骨の歪みから来ていると思われる場合は整骨院へ行くのがおすすめです。

 

 

整骨院は、症状やあなたの身体の状態を的確に見極めて矯正してくれるプロです。

薬で痛みを抑えたりするよりも、身体の歪みを治療してもらうほうが早く良くなる可能性が高いのです。

 

ただ、いきなり整骨院に行くのではなく、整形外科を受診して診断書をもらってから整骨院へ行くほうがいいでしょう。

その方が、診断書をふまえて、より適切な治療法をチョイスしてもらえるからです。

整骨院では、レントゲン検査などは出来ませんからね。

 

和歌山市で交通事故(むち打ち)施術を受けるならこちら

 

また自宅でできることとしては、正座をするのも背骨の歪みに良い効果があります。

正座をすると自然と背筋が伸びるので、多少の歪みであれば、毎日少しずつでも正座をすることによって徐々に改善されることもあります。

ただし、痛みが大きい場合は無理をしないようにしてくださいね。

 

・頚椎捻挫

頚椎捻挫の可能性がある方は、負傷した部分が炎症して痛みを出しているので、基本的にはその炎症を抑える必要があります。

まずは患部を冷やし、無理をせず安静にすることが一番大切です。

 

 

その上で、病院で的確な治療を施してもらいましょう。

こちらも、整骨院での治療が有効な場合があります。

間違っても、痛む部位を刺激したり無理に動かしたりしないように気をつけましょう。

 

・椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの恐れがある方は、専門家による手術、投薬、リハビリ等の必要があるため、ご自分でできる対処法はありません。

 

椎間板ヘルニアは、治療が遅れたりすると、経過によっては後遺症が残ることもある病気です。

少しでも早く病院で診察を受けることが、一番の対処法なのです。

 

こちらの可能性がある場合は、ご自分でなんとかしようとせず、即座に病院や肩こり腰痛など慢性的な治療に関しても実績のある整骨院や整体院を受診することをおすすめします。

 

■最後に

 

さて、今回は交通事故による腰の痛みについてご紹介しました。

腰痛の種類、原因、対処法についてはおわかりいただけたでしょうか?

 

 

ただ、こちらに挙げたのはあくまで一例です。

人それぞれ細かい症状や事故の状況によっても変わってきますので、「自分の痛みはこうすれば治る」、などと決めつけないようにしましょう。

痛みが気になるようなら大きな痛みでなくとも放置せず、なるべく早く病院や整骨院で治療を受けるのがベストです。

 

背骨や腰は体の中心の大切な部分です。

長い間放っておくと他の部位にまで影響が出てくることもありますので、気をつけてくださいね。

 

最後に、みなさんの腰痛が一日でも早く良くなることを願っています。