【和歌山市】知っておきたい交通事故による賠償責任を知っておこう!

交通事故に遭ってしまった場合、整骨院などへ通院するために、加害者が運転していた車の加入している「自賠責保険」を使う例が一般的です。

 

ところが、事故の賠償を行う責任の所在によっては、その自賠責保険が使えなかったり、自賠責保険が切れてしまっていたり……というケースもあります。

 

「自賠責保険が使えると思っていたのに……」

と慌てないよう、賠償責任についてのあれこれを知っておきましょう。

 

・そもそも賠償責任って何?

 

賠償責任とは、故意もしくは過失行為で、相手の利益を侵害してしまった場合に発生します。

民法では、運転手側に過失があったことを証明する必要がありますが、交通事故では自賠法3条により「運転供用者責任」という考え方があるため、相手の過失の有無にかかわらず、賠償責任が問われることとなります。

 

非常に珍しい例ですが、

「加害者側に故意、過失がない」

「車に欠陥がない」

「被害者、加害者以外の第三者の故意、過失があった」

この3点が立証された場合は、賠償責任が無くなります。

 

ですが、これらを証明できる例はほとんどないため、

 

要するに多くの被害者が自賠責保険によって救済されています。

 

また、勘違いしがちなのですが、自賠責保険は被害者の身体を守るためのものであり、自動車による事故でしか使用できません。

 

残念ですが、車や自転車などの所有品、家、土地などの物損事故では利用できないことを、覚えておきましょう。

 

・交通事故で責任を負うのは誰?

 

交通事故では責任を負う人間が、場合によって変化します。

自賠責保険は車両にかけられているため、保険の請求は所有者となるでしょう。

 

この時、中古車を購入したなどのケースで、自賠責保険名義が前オーナーであったケースでも、自賠責保険での補償が受けられますので安心してください。

 

タクシーやトラックなど、会社が保有している営業車などを運転中の事故は、運転者が所属している会社が責任を問われます

 

それでは、万が一、加害者の乗っている車両が自賠責保険へ加入していなかったり、期限が切れていたりした場合はどうしたら良いのでしょうか?

 

 

この場合も、自賠責保険は使用できませんが、運転供用者責任は発生しています。

 

このように、加害車両が自賠責保険未加入の場合は、政府保証事業を利用しましょう

法定限度の範囲内で、支払いを受けられるケースがあるため、泣き寝入りは厳禁です。

 

 

以上の例から分かるように、交通事故による自賠責保険や責任問題などは非常に煩雑なものとなっております。

 

自分のケースでは誰が責任者なのか、自賠責保険を利用し治療を受けられるケースであるのか、などで迷ったら、当院のスタッフへご相談ください。

交通事故に携わるお悩みを、スムーズに解決できるよう、サポートいたします。

 

和歌山市で交通事故に遭われた方は悩まずにすぐご相談ください。

著者

和歌山スマイルはりきゅう整骨院 院長 野鹿瀬 靖識 
柔道整復師、鍼灸師、交通事故専門士、JCCA(コアコンディショニング)トレーナー
整体からトレーニング、骨盤・姿勢の矯正や美容鍼灸までオールマイティに施術する整体歴14年のベテラン。

和歌山市で交通事故(むち打ち)治療の実績が豊富な整骨院