レントゲンに写らないのはなぜ??数日後に交通事故で身体が悲鳴を上げる理由|和歌山市岩出市

こんにちは!和歌山市園部にある交通事故治療に強い和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

交通事故によって引き起こされる症状の中には、身体が歪んでしまうというようなこともあります。

 

だるさがいつまで経ってもとれない、これも交通事故による症状の一つです。

レントゲンに写らないけど体がつらいのはゆがみが原因なんです。軽めの追突事故や接触事故などでもこれらの症状は起こりやすいと言われ ています。

 

そのような状態になってしまい不安に思われている方はすぐにご相談ください。

 

レントゲンに反映されない交通事故のむち打ち症

そもそも後遺症は事故数日後経ってから痛みが発症するものが多く、長いものだと何ヶ月も経って から痛みが発症するために痛みの原因が全くわからない・・という事態が起こることもあります

 

更にこれらの原因はレントゲンに写りにくいケースが多いのです。骨のゆがみや、その周りの筋肉組織へのダメージはレントゲンに反映されません。

更に骨が根本的に歪んでしまっていると、それは湿布や痛止めをしたところで症状が改善することが ないのです。

 

 

このように交通事故のあと、だるいや痛いという症状は「むち打ち」と呼ばれています。

身体全体のバランスを整えるうえでも大事な頚椎がゆがんでしまうと、時にそれは身体全体の不調にもなります。

 

事故後のゆがみはなかなか自然に治るものではありません

 

そのためにも治療をする必要があるのです。交通事故後の症状で様々な悩みを抱えてしまっている方もおられますが、どうにもならないと諦めることはありません!!

 

交通事故後に姿勢やゆがみは整えよう

交通事故に遭われたときは衝撃のために体が防御反応を起こしていることが多く、後ろからドンって殴られたらその後背中に力が入っていたりしませんか??

 

その力が入ってしまった状態が続くことで体に負担が溜まります。

負担から姿勢や関節がゆがんでしまうので整えましょう

 

 

1、動きのゆがみ

 

関節が硬くなってしまうことです。

関節が硬くなり体の柔軟性が衰え体の疲労も取りづらい状態になり、疲労が溜まると体がかばうような動作を取るようになり他の関節にも負担がかかってしまいます。

 

2、姿勢のゆがみ

 

事故後は先ほど記載しましたが後ろからドンって殴られたらその後背中に力が入ってしまうような状態に。

 

そんなときは「猫背」になってしまいます。そこから肩こり頭痛めまい自律神経失調症他の症状を引き起こしてしまう可能性もあります

 

3、筋肉のゆがみ

 

とにかく硬くなりやすくなります。

ずっと筋肉が硬いままだとどうでしょうか??ストレッチなどご自身では解消できないような状態になってしまいます。

 

 ゆがみを整えて後遺症を残さないこと!!

 

交通事故に遭われ、整形外科に通ってもレントゲンには異常なし。定番のように多くの患者さんが言われますが、整形外科じゃないと治療できないというわけではありません

 

ゆがみは整形外科では整えてもらえません。整形外科と整骨院を上手に通院し、より交通事故前より健康になれるかが大切です

 

 

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では事故後の痛みから後遺症についての質問、更には保険のことに至るまで交通事故治療のサポートを行っております。

治りにくいとされているむち打ち症も、定期的に通院されることで克服された患者様も数多くいらっしゃいます。

 

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

 

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。