先に知っておく!交通事故後に保険屋とのトラブルで考えられること

こんにちは。
交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市の和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

交通事故に遭っても命にかかわることでなければ、一応安心はできますが、何らかのけがが生じることがよくあります。

そのうちの一つがむち打ちです。ここで問題がさらに発生することもあります。医者や保険会社とのトラブルです。

ここでは、そのようなトラブルをどのように克服したのかの体験を語っていただきます。

体験談を披露してくれるのは、30代の女性、Bさんです。

『Bさんの体験談』

昨年、車を停車中に後ろの車に追突されるという交通事故に遭ってしまいました。むち打ちだけで済んだので、不幸中の幸いですが、予想に反してトラブルに見舞われたのです。

どういうトラブルかというと、相手方の保険会社が治療費を払ってくれないのです。むち打ちと交通事故に因果関係はないのではないかなどと言って、こちらの要求に応じてくれません

治療費は結構かかったので、困ったことだと思っていました。

そんなときにむち打ちの治療に通っていた和歌山スマイルはりきゅう整骨院の先生に相談してみたのです。

整骨院の先生ではわからないかなあと思っていましたが、先生は丁寧に質問に答えてくれました。

その結果、交通事故後の対応次第で保険が下りたり下りなかったりすると教えてもらいました。幸い、適切な対応をしていたので、最終的に保険が下りることになりました。

いまは和歌山スマイルはりきゅう整骨院に心から感謝しています。

保険会社とのやりとりで困ること

1、専門用語を使ってくる

保険会社と示談交渉をする場合、専門用語・法律用語が飛び交います。

交通事故の示談でよく出てくる専門用語として、「過失相殺」「逸失利益」、「後遺障害」などですね。

これらの用語やその意味については交通事故の問題に関わっている人ならば当然知っています。

しかし素人が日常生活でこれらの言葉を使うことはほとんどありません。

もし保険会社が威圧的な態度をとってきたりしても、決して担当者に対して感情的にはならないでください

確かに気分は良くないですし、怒りを担当者に向けたい気持ちはわかりますが、担当者との関係が悪化したところで、今後の示談交渉に有利に働くことはありません

あくまで被害者の本来の目的は、適切な示談金をもらい問題を解決することです。

2、一定期間が経過すると治療を打ち切られる

交通事故によるケガで通院をしていると、一定期間が経つと、保険会社から「そろそろ症状固定して示談交渉を開始したい」と言われることがあります。

むちうちの場合には通院治療期間が約3ヶ月くらいでそのように言われることがあります

それは自賠責保険から支払われる治療費の金額に限度があるからです。

自賠責保険から傷害部分については120万円までしか保険金が支払われません

そして、120万円を超える部分については保険会社が支払うことになるので、保険会社としては、それを超えないように治療費を抑えたいのです。

治療期間が長引くと保険会社は被害者に対して治療の打ち切りを求めてきます。

3、被害者の過失割合を主張してくる

交通事故で相手方保険会社と示談交渉をしていると、お互いの過失割合も大きな問題になります。

過失割合とは事故の加害者・被害者のいずれにどの程度の責任(過失)があるのかという問題のことです。

相手方に損害賠償請求をしようとしても請求する側に過失があると、その過失の分だけもらえる賠償金の金額は減ってしまいます。

保険会社は、被害者の無知につけ込んで、通常の過失割合の判断基準よりも大幅に被害者に不利な過失割合を主張してきたりします。

場合によっては保険会社が提示した不利な条件をそのまま受け入れてしまうことになります。

話をしている保険会社は加害者側ということを忘れない

交通事故を起こして被害者なのに気がひける。相手に悪いから。と考える方が多くおられます。

まずはご自身の体のことを考えましょう。良くなってきたら早期に示談すればいいと思います。

追突事故のような交通事故でむち打ちになっても、トラブルが生じてすぐに保険が下りるとは限りません。

和歌山スマイルはりきゅう整骨院では、むち打ちの施術だけでなく、保険に関する相談ごとにも応じています。Bさんのようにいい結果が出ることもあります。

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。
 

 

 
// 次の記事がある場合にリンクを表示 // 前の記事がある場合にリンクを表示