交通事故にあったら治療だけでなくどのように対応するかも大事

こんにちは。交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市の和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

今回は交差点で停車中に後ろからの追突事故に巻き込まれたBさんという30代の女性が実際に体験したことをお話します。

Bさんは加害者への損害賠償請求など交通事故対応方法が全て終わったあとにむち打ちの症状が発生しました

体の不調の影響で和歌山スマイルはりきゅう整骨院に来たときは強い不安感を持って症状を訴えていたのは今でも覚えています。

『Bさんの体験談』

交差点で停止しているときに後ろから追突されるという交通事故に巻き込まれたのがすべての始まりです。

保険や加害者への損害賠償請求が終わり一段落した頃に首周りに痛みが出るようになりました。

そこで病院にいって診察を受けたところ、むち打ちであると診断され先生の判断で湿布などを使って様子を見ることになりました。

ところが痛みは収まるどころか倦怠感やめまいが現れて症状が悪化します。さらに交通事故が原因のむち打ちだけど追加で損害賠償請求できるのかと別の理由で不安が大きくなりました。

このときにむち打ちの治療をおこなっている和歌山スマイルはりきゅう整骨院のことを知り、すぐに診察の予約をしました。

診察ではムチウチの状態や対応方法について詳しく説明をしていただき治療を開始することになりました。

同時に慰謝料をもらえるというアドバイスももらえたので、不安なく治療を受けることができました。

湿布だけでむち打ちは良くならないのか??

交通事故に遭われた際に整形外科にまず行かれる方が多いでしょう。その後1ヶ月2ヶ月と時間が過ぎても良くならない場合もあります。

病院での治療としてウォーターベットや電気治療をしてくれるところもあります。

しかし、交通事故に対する知識は教えてもらえません

治療以外でも安心するために

事故にあったあとはどんな保証があるのか?

保険会社への対応はどのようにすればいいのか?

事故してこれだけは知っておかないといけないことは??

いろいろな不安が治療以外に出てくると思います。それを整骨院ではいろいろ教えてもらえます。

とくに交通事故治療による口コミが多いところは交通事故への対応にも慣れていたりするので安心できますね。

治療だけでなく対策や対応方法にも

目を向けてみてください!!

『まとめ』

Bさんのように交通事故からしばらくたってからむち打ちの症状が出ることは決して珍しいことではありません

今回の場合はむち打ちの治療方法だけでなく、むち打ちの診断書があれば加害者に対して追加で損害賠償を請求できるという対応方法についてもアドバイスしました。

むち打ちなどによって体に不調が生じていたら、いつでも和歌山スマイルはりきゅう整骨院まで相談に来てみてください。

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。