整形外科ではしてくれない。姿勢も整えないと交通事故でむち打ちの症状が良くならなかった事例

こんにちは。
交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市の和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

今回は車の運転中に信号待ちで後ろから激しく追突された交通事故で、むち打ちになってしまった30代の女性Mさんの事例をご紹介します。

Mさんは当時、住んでいる近所の病院に通われていたそうですが、むち打ちの症状は一向に改善されず、先に通われていた知人の紹介でこられました。

症状が長びいているせいなのか、とても辛そうな表情をされていたのを覚えています。詳しい内容は、女性Mさんから伺ったお話しをご覧ください。

『Mさんの体験談』

交通事故にあった日は、体が緊張していたせいか何も症状はでなかったので安心していたのですが、翌朝起きた時に首に違和感を感じたので、近くの病院に行きました。

むち打ちという診断で、痛みは少ししか感じていなかったのですが一応通院することにしました。ところが通院しているのに、日を追うごとに痛みが増していくばっかりで良くならなかったのです。

以前交通事故で、むち打ちの症状が改善した知人に連絡して、和歌山スマイルはりきゅう整骨院を紹介してもらいました。

次の日にお伺いして、病院に通って症状が改善していないことを話すと、病院ではあまり行わない患部に直接アプローチする施術で症状改善していくとのことでした。

実際、病院でされなかった施術をして頂いてむち打ちの症状は改善しました。和歌山スマイルはりきゅう整骨院さんには本当に感謝しています。

施術の経過

初診時は痛みがこれ以上強くなってしまうのではないという不安が強かったです。体の状態として首に違和感や痛みを訴えておられました。

病院に通院されているときは湿布を貼っておけば良くなると言われ、言われた通りにしていたのに良くならないのはなぜか??

 

根本的に体のゆがみを整えていないからです。

Mさんは首のゆがみと肩甲骨のゆがみがありましたので、その二つが改善していくために必要なポイントでした。

肩甲骨のゆがみを整えることで肩や首の動きも出始め、首の痛みは日に日に引いていきました。

痛みは取れたが、痛みがぶり返すときがありました。

それは背中を丸める日常的な「猫背」が問題でした。姿勢を整えなければ体の根本的な改善はできません

 

頭というのはボーリングの玉ほどの重さがあり、姿勢が崩れることにより首に負担が溜まります。

 

痛みをぶり返さないためにも姿勢を整えました。私生活のなかでも猫背を改善するためのセルフケアを行っていただきました。すると、体の違和感もなくなり、すっかり良くなっていただけました。

交通事故による痛みは根本的に治そう!

Mさんのように、交通事故でむち打ちの症状がでて、どこかへ通院しても症状が改善されていないケースも多いです。

むち打ちの症状の出方は一人一人違って、一般的な施術で改善されない場合もあるため、その人の症状にあった施術をする必要があります

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。