交通事故でむち打ちに!むち打ちを改善していくまでの経緯や方法とは??

こんにちは。交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市の和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

交通事故を起こした際に多いけがが「むち打ち」です。むち打ちとは、首に無理な力が急に加わり首を痛めてしまうけがの一種です。

首を動かそうとすると痛みが生じる、首が回らないといった症状が出ます。今回は交通事故によりむち打ちになったFさん(50代、男性)の体験談を紹介し、むち打ちになった方の具体的な感想、その治療方法を説明します。

『Fさんの体験談』

数年前、交通事故にあい、初めてむち打ちというものを経験しました。事故にあった瞬間、頭がすごい勢いで後方へかたむき、嫌な感触が一瞬ありました。

事故にあった驚きと、事故にあいながらも骨折も流血もしなかったことから、特に病院に行くこともなく数日が過ぎました。

しかし首の違和感はとれないままで、首を動かそうとすると痛みが走り、思うように首を動かすことができなくなりました。

生活にも支障をきたすので、和歌山スマイルはりきゅう整骨院に行くことを決めました。

整骨院というと骨をボキボキするイメージがあったのですが、和歌山スマイルはりきゅう整骨院の先生は優しく痛みのない、それでいて患部に直接効くような施術をほどこしてくれました。

体のあらゆる組織を知り尽くしているかのような見事な施術でした。今後も先生の言うことをよく聞いて、より快適な状態を維持できる体作りを楽しんでいきます。

施術や経過について

初診時の状態として「放っておいたらよくなる」と思われていたFさんは首が捻れるけど痛みで思うように動かせない状態でした。

この状態が悪くなると「寝違え」のような状態が続いてしまう可能性があると判断し、まずは筋肉を緩めることや肩甲骨を動かすことを行いました。

そこから首の関節が動きやすくなるようにと関節の運動も。

初診時は「動きやすくなりました」ということだったので終了。

数回通院していただき、痛みが引いてきた頃に日頃の動作なども確認させていただきました。やはり根本的に改善していくには日頃の「姿勢」や仕事中での動作など様々なことをお聞きします。

 

痛みが取れたらそれで終わりではありません。

痛みをぶり返さない体にすることが大切。そのために姿勢や日常生活での癖も改善します。交通事故治療を通して体を作り変えていきます。

 

『まとめ』

交通事故によりむち打ちは、外傷がないためにそのまま放っておく方もいますが、むち打ちを治療しないでいると痛みだけでなく、めまい、吐き気、頭痛などの症状が出ます。首に痛みを感じたらすぐに専門家に診てもらうことが大事です。

和歌山スマイルはりきゅう整骨院は、痛み止めや湿布だけの処置ではなく、痛みのある患部に直接的に施術をするやり方です。

治療開始時はまず痛みを改善することにフォーカスを当てます。その後は以前のような首の痛みのない健康的な生活を送るために様々な治療やセルフケアなど行っていきます。

交通事故での体の痛みはしっかり根本的に改善しましょう!!!

 

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。