一人で交通事故を起こした!自損事故の対応でまずはどうすべき?

こんにちは。交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市の和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

自損事故は物損事故の一つで、相手がいないために対人賠償保険や自賠責保険は適用されません

保険が下りないことがネックとなって病院に行かない人も少なくないのですが、後になってむち打ちなどの症状が出ることもあるので注意が必要です。

今回は、自損事故を起こしてしまった場合に取ったほうが良い対処法をお伝えします。

『使える保険もある!保険会社へ要確認です』

①警察への連絡

自損事故の対処法としてまず行いたいのは警察への連絡です。もし事故の原因が道路にあった場合などは賠償請求が可能ですが、警察への届出をしていなければできません。

自分だけだからと連絡せずに立ち去ることが頭によぎるかもしれませんが、警察へ連絡しましょう。

また、保険会社に保険金請求をする際にも、警察からの事故証明が必要になることがあります。

②保険会社への連絡

次にご自身が加入している保険会社へ連絡しましょう。

対人賠償保険や自賠責保険は適用されませんが、対物賠償保険や車両保険、自損事故保険などに加入している方は保険金が下ります。保険会社に契約内容を確認するといいでしょう。

③病院へ通院する

そして、事故による症状が出ていることを病院で診断してもらいます。

体に大きな怪我がないかを確認しましょう。

病院へ通院した際に湿布や薬を処方されると思います。先生の指示に従い通院しましょう!

④整骨院にも通院する

診断書を発行してもらったら保険会社に整骨院へ通院するとお伝えしましょう。◯◯整骨院で治療を受けたいことを伝えてください。保険会社より当院に連絡が入れば、自己負担なく治療を開始することができます。

*場合によっては窓口で負担金が必要な場合もあります。

 

整骨院では体のゆがみを整えることができます。交通事故による衝撃により、体には気づかない負担が溜まっていたりゆがみを生じている場合がありますのでしっかり通院し体のケアを行ってください。

『まとめ』

自損事故であっても最適な治療を施すことが大事です。


事故後は警察に通報し、整形外科を受診して診断書をもらい、保険会社に連絡を入れましょう。もちろんそのまま整形外科での治療を続けることも可能ですし、和歌山スマイルはりきゅう整骨院で治療を開始することも可能です。

また、病院と治療院を併用できる場合もあります。

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。