突然の交通事故に正しく対処するには??当たり前だけどこれが大事。

こんにちは。
交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市の和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

交通事故の中でも車や人を巻き込んでいないものを、自損事故と言います。単独で車を電柱にぶつけたり、ガードレールや塀を傷つけることもこれに当たります。

このような場合、大きな被害がないからと言って特に何もしない方がいるかもしれませんが、これは大きな間違いです。

後悔をしないためにも、自損事故を起こした時の対処法を確認しておきましょう。

『必要な対処は主に2つ』

①自分や同乗者の安全の確保

自損事故を起こした時にまず初めにすべきことは、自身や同乗者の安全の確保です。

怪我をしている場合は、応急処置や救急車へ連絡する必要があります。

また事故車両も含め、できるだけ安全な場所へ退避させて、二次災害を防ぐ努力をしなければいけません

②警察や保険会社への連絡

次にするべきは、警察や保険会社への連絡です。

特に警察への届出については、自損事故の場合でも、公道での交通事故には報告義務があります。

これを怠っていると、警察から飲酒運転を疑われ、事故証明をなかなかもらえない恐れがあります。

保険会社に損害の補償をしてもらう際などにこれが必要なので、できるだけ早く届出を出した方がいいでしょう。

もちろん、事故を起こさないことが一番なので、これらの対処法を心に留めつつ安全運転を心がけてください

『まずは連絡するところから』

交通事故に関するその場での対処法は以上の通りですが、怪我をした場合などは別途医療機関に治療してもらう必要があるかもしれません。

和歌山スマイルはりきゅう整骨院では整体を用いて、むち打ちなど自損事故でも起こり得る症状にも対応した治療を行っています。事故後の症状にお悩みの方は、いつでも相談を受け付けています。

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。