ひき逃げ(交通事故)された!どうしたらいいのかの対応はコレ!

こんにちは。交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市の和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

交通事故に遭うこと自体不幸ですが、さらに不幸なことに、相手が逃走し、ひき逃げ事件の被害者となってしまった…。

入院するほどの大怪我ではないけれど、体はやっぱり痛い。

でも受診するとなると、相手の名前も連絡先もわからないから、自費で受診するしかない?!

そこで、ひき逃げ被害者となった場合、チェックするべき点を紹介します。

『ひき逃げ被害者の治療費どんな補償がある?』

自動車の任意保険に加入されている方は多いことと思います。

通常、自動車の任意保険は事故によって相手の方に怪我を負わしたり、相手の車を壊してしまったときを目的として設計されていますが、人身傷害補償保険に入っていれば、交通事故のひき逃げ被害者となった際にも補償されるケースがあります

また無保険者傷害補償特約がついている場合も補償が受けられることがあります。

まずはご自分の保険会社に、ご自分が加入されている保険が、ひき逃げ被害者の場合に適用されるものがあるかを確認してみましょう。

もし、任意保険が使えない場合でも、政府保障事業に治療費を請求することができます

*政府保障事業は自動車損害賠償保障法に基づき、ひき逃げ被害者を救済、被害を補填するために行われている事業のことです。

政府保障事業制度と自賠責保険の違い

政府保障事業は被害者を救済する方法がない場合に適用されるので「自賠責保険」とは違い労災保険や健康保険など各種社会保険の給付を先に受け、その不足分のみを保証事業で賄うことになっています。

ひき逃げされた被害者が必ずやっておくべき対応

「ひき逃げ」されてしまった場合、加害者に対する強い怒りを感じ、生活面での問題にも不安を感じると思いますが、ひき逃げをされた際の対応を知っておきましょう。

1、すぐに警察を呼び事故証明を得る

ひき逃げの被害にあった場合はすぐに警察を呼び、事故証明書を発行しましょう。事故証明書は後々の処理を行う際に絶対に必要なものです。

ひき逃げの後の2次被害に備えて、歩道の奥へ移動するか車の少ない場所に移動しましょう。

2、加害車両のナンバーと連絡先をしっかり確認する

車にひかれてそれどころではないかもしれませんが、ひき逃げをした車のナンバー、車種、色などをメモに残すようにしましょう。
スマホのメモ機能や写真で出来ます。

逃げられてしまった場合でも、ナンバーを覚えていれば警察がそれを基に的確な捜査を行ってくれます。

相手が嘘の連絡先を教えて連絡が取れないというようなケースもあるようです。

事故に遭ったらどんなに軽微なものでも必ず警察を呼びましょう。

3、救急車を呼び病院に行く

事故直後は興奮していて気がつかないかもしれませんが、翌日以降に痛みが出る可能性もあります。

自動車事故等の第三者行為によりケガをしたときの治療費は、本来、加害者が負担するのが原則です。

しかし、業務上や通勤災害によるものでなければ、加害者が支払うべき治療費を健康保険が立て替えて支払うこととなります。

4、防犯カメラに写っている映像や目撃者探す

もし加害車の情報が全く分からなくても、ひき逃げの現場を目撃していた人が居るかもしれません。

ひき逃げにあった場合は周囲に目撃者がいないか、目撃情報が無いか周囲の方に聞いてみましょう。

警察の到着を待っていたら、目撃者もどこかに行ってしまう可能性が有ります。

『まとめ』

交通事故のあとは、ご自分でも思っていないほど体は衝撃を受けていますので、治療を開始するのは早いほうが良いです。

治療をためらっておられるひき逃げ被害者の方、治療方法はもちろん、保険や治療費を含めた不安についても、まずはお気軽に和歌山スマイルはりきゅう整骨院へご相談ください。

お客様に合った適切な治療に施し、症状を緩和するべく最善を尽くします

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。