交通事故(ひき逃げ)にあうと対処も不安、肩こりにもなってしまう!

こんにちは。交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市の和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

交通事故に遭って、むち打ちになってしまったという話はよくあります。

さらに、ひき逃げをされて治療費を請求すべき相手がわからないという場合にはどういった対処法があるのでしょうか。

むち打ちの場合は特に、事故発生の翌日以降に症状が出ることも多く、早めの診断やケアが大切です。症状によっては後遺症が残る可能性があります。

『ひき逃げをされても治療費はもらえる』

交通事故でひき逃げの加害者がわからないときに、被害者の救済措置として政府の自動車保障事業制度があります。

自動車にひき逃げされ、その車の保有者が明らかでない場合に、被害者の請求によって損害を補填することが法律で定められています。

限度額は傷害が120万円、後遺障害が4000万円、死亡が3000万円まで保障されます。

この制度を利用しないと、もしむち打ちの症状が出たとしても、治療費を自分で負担しなければならなくなる可能性があります

たとえ外傷がなかったとしても、必ず当日の内に診察を受けるようにしましょう。

事故直後は興奮状態で痛みに気付かず、後日痛みが出てくるということも考えられます。

万が一むち打ちが診断されてしまったら整骨院での治療も保障の範囲内です。

ひき逃げ事故の初期対応対処で必要なことは?

次は、ひき逃げ事故に遭った場合の初期対応についてをご紹介します。

1.ひき逃げ犯の情報をチェック

交通事故に遭った場合、一番にすべきことは相手の情報確認です。

具体的には、車両ナンバーのチェック。

*全部を覚えきれない場合は、4桁の番号だけでもチェックしておきましょう。

もし相手と話す機会があるならば必ず名前や住所を聞くことも必要で、スマホのメモ機能を活用することをおすすめします。

車両情報があるだけで捜査が進みやすく、犯人検挙の確率もぐっとあがります。

2、電話ですぐに警察を呼ぶこと

次は電話で警察を呼ぶことです。

警察をいち早く読んで事故の状況や犯人につながる情報を確保してもらうことが必要です。

警察が到着したら確認したナンバーなどの車両情報や加害者の情報すべてを報告します。

自動車にドライブレコーダーを設置している場合は、それも確認してもらってください。

3、負傷している場合は救急車を呼ぶ

体を傷めてしまっている場合は救急車を呼ぶ必要があります。

これは、警察を呼ぶことと同じタイミングで行ってください。

救急車を呼んでくれた人は、目撃者になるので、できれば警察の到着までそばにいてもらいましょう。

4、無症状・軽傷でも病院へ行くこと

最後に、病院へ行くことが重要です。

交通事故は大きな衝撃を伴うものです。自覚症状がなかったとしても、のちにむちうちなどの症状が出ることもあります。「これくらいなら大丈夫」と思って放置すると後遺症につながります。

自覚症状がない場合、軽傷の場合であったとしても念のため病院へ行くようにしてください。

ひき逃げ事故の場合、治療費は自分で負担するの?

交通事故による負傷についての治療費は加害者が支払うのが原則です。

したがって、治療費は加害者か加害者の加入している任意保険会社が負担します。ひき逃げにあってしまい体を傷めてしまった。でも交通事故に遭われた方は肩や首周辺の筋肉が硬くなっていると思います。

病院や整骨院に行く時間がないという方のために簡単にできるストレッチとツボ押しをご紹介しますので一度行ってみてください。

肩コリ解消の簡単にできるストレッチ

家事などをしていて肩コリ・腕の上げ辛さなどでお困りではありませんか?

肩を揉んだその時は楽かもしれませんが、 根本的には改善していないのですぐに元の状態に。 そんなあなたのために今すぐできる簡単ストレッチを教えます♪

①右手を右肩、左手を左肩に置きます。

②肩の力を抜きます

③ひじで大きく円を描くように、後ろ回しで5~10回ほど回します。

前に、上に、後ろに、下に、それぞれ意識して、できるだけ遠くを通って大きな円を描くように意識しましょう。

④後ろ回しが終わったら、前回しを5~10回ほど行います。 目安は20秒が理想です!

リンパ節を刺激し、血流やリンパの流れを良くします♪ 2,3回ほど続けてやってみてくださいね。

体がだるくなってきているなら効果的なツボ

身体がだるくなるのは身体にとっての危険信号です。しっかり身体を休めるためにも1分だけでもセルフケアしておきませんか?今回はそんなあなたが体のだるさのない生活ができるために効果的なツボをご紹介します。

【湧泉】

足の裏の中央よりやや上、足の指を曲げた時にへこむところにあるツボ。

①両手の親指を重ねて「湧泉」にあてます。

②残りの指を足の甲に添えます。

③足先のほうに押し出すようにやや強めに押します!

【足三里】

ひざ下の窪みから指4本分下がった、向こうずねのすぐ外側にあるツボ。

①親指を「足三里」にあてます。

②残りの指をふくらはぎに添え、やや強めに押します。

※回数は20回をオススメしています。

『まとめ』

もし交通事故に遭って、その上ひき逃げの被害を受けたら、警察や保険会社への連絡はもちろんですが、損害が補填されるということを理解しておきましょう

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。