友人の車の同乗者として交通事故にあってしまった場合、保険はどうなる?

こんにちは。交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市の和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

自分が運転していたのではなく、同乗者として車に乗っていて交通事故に巻き込まれるというのは決して珍しいことではありません

その場合には運転者がどんな保険に入っているのかによって保険の適用範囲が変わってくるので、ちゃんと確かめることが大切です。そこで今回はそれぞれの保健の適用範囲についてご紹介しましょう。

『自賠責保険か任意保険かによって補償の内容が異なる!』

同乗者として交通事故にあってしまった場合、ドライバーの加入している保険が自賠責保険であった場合には、ドライバーだけではなく同乗者に対しても保険が適用されます

またそのドライバーとの関係が問われることもありません。

相手のドライバーが加害者であった場合にはもちろんのこと、同乗していたドライバーが加害者であった場合にも同じく自賠責保険による補償を受けることができます。

ただし任意保険であった場合には、ドライバーとの関係によって受けられる補償範囲が変わってくることがあります。

例えば親や子ども、配偶者であった場合には「対人賠償責任保険」は支払われず、「人身傷害補償特約」のみが適用されます。

相手のドライバー側が加害者であった場合には、任意保険であっても関係なく補償を受けることができます。

誰に請求するの??

友人の車に乗っているときの交通事故だと「誰に損害賠償を請求するのか」といったことが問題になります。

車両同士の事故で、相手に過失がある場合は当然、相手方に対して損害の賠償を請求することは可能です。

ただし!!

同乗者にも過失があると判断される場合には、請求通りに賠償されるとは限らないです。

気をつけてくださいね。

自分が同乗者だったら自分にも責任が発生するケースはあるのか?

自分にも責任が及ぶ可能性はあります。

その友人が危険な運転をするのを止めようとしなかった場合などです。

この場合、運転者だけではなく自分にも交通事故発生の原因があると考えられるために、責任が発生してします。

たとえば、

⚫︎友人が無免許であることを知りながら運転をやめさせなかった場合

⚫︎友人が飲酒しているのを知っていながら運転させていた場合なども考えられます。

⚫︎職場の上司が部下に車を運転させる場合、部下が体調が悪かったのに断ることが出来ず、交通事故を起こした場合など

これらはすべて、同乗者にも事故発生の原因があると考えられるためです。

『まとめ』

同乗者として交通事故にあってしまった場合には、同乗していたドライバーが加害者側であるか被害者側であるかということのほか、そのドライバーとの関係性によって受けられる補償は変わってきます。

どちらの場合にせよ、事故に遭遇した場合にはドライバーの補償を受けて整骨院で治療してもらうのがおすすめです

和歌山スマイルはりきゅう整骨院では治療はもちろんのこと保険に関しても詳しくご説明いたしますので、一度ご相談ください。

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。