突然の交通事故!同乗者の正しい対応とは…?むち打ち治療はできるのか??

こんにちは。交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市の和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

どれだけ気をつけて運転していても、交通事故に巻き込まれてしまう可能性は誰にでもあります。

今回はそんな突然の交通事故にあってしまった時に、交通事故を起こした車の同乗者の正しい対応方法をご紹介します。

この記事を読めば、突然の交通事故でも焦らずに、やるべきことや対応、その後の必要な治療などがわかると思います。

『突然の交通事故の対応方法!むちうちに注意』

交通事故を起こしてしまった場合、最も大切なのが初期対応です。事故を起こした本人は、ほとんどの方がパニックに陥ってしまうので、同乗者の方は落ち着いて対応しましょう。

まずは怪我人がいる場合は救護を行い、救急車に連絡をします。同時に警察にも連絡しましょう。その後、保険会社への連絡をすれば、とりあえず安心できます。

絶対にやってはいけないのは、その場で示談にするということです。

どんなに軽い事故でも示談にすることは、今後何かあったときに自分の状況を確実に不利にするので、気をつけてください。外傷(ケガ)がなく、どこも痛くないという場合でも必ず病院にはいきましょう。

同乗者だからと関係ないと思わないで!

交通事故の際に、むちうちになっている可能性は非常に高いです。後から酷い痛みに繋がる、ということも多くあります。

むちうちの中には神経を損傷している重度のむちうちもあるため、注意が必要です。

交通事故に遭われた場合、どうしても運転手同士の治療や話し合いと思われている方が本当に多いです。交通事故に遭われた際、同乗者にも体の治療を受ける権利があります。

「私は助手席だから違う」と思わないように注意してください。

『まとめ』

交通事故を起こした車の同乗者になってしまった場合、まずは落ち着いて警察と救急車に連絡し、必ず病院に行きましょう

むちうちは放置すると酷い痛みに繋がる危険性があります。

もしむちうちの痛みが酷い、辛いという場合はぜひ和歌山スマイルはりきゅう整骨院に来てみてください。

まずは相談だけでも聞きますので、むちうちの症状でお困りの方はぜひご相談してくださいね。

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。