交通事故の加害者になってしまった時の正しい対処法

こんにちは。
交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市の鍼灸整骨和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

 

車の運転などをする時は最新の注意を払うことは当然ですが、突然のアクシデントやちょっとした気の緩みによって事故を起こしてしまうケースもあることを想定しておくことが大切になります。

 

そして万が一事故を起こしてしまった時は冷静に行動することが必要です。

 

そこで今回は、自分が加害者として事故を起こしてしまった時の正しい対処法についてご紹介します。

 

『事故を起こしてしまったら落ち着いて正しい行動を取ることが大切』

 

事故を起こしてしまった時に、もし自分が加害者の立場であれば、落ち着いて正しい対処を行なわなければいけません。

 

まず一番最初に行なうのが被害者の方の救護です。

 

もし怪我をしているようであればすぐに救急車の手配をして、救急車が到着するまでの間は状況に応じてケアをすることが大切になります。

 

警察への連絡も忘れてはいけない対処法の一つです。

 

交通事故はどういったケースであっても警察への連絡が義務付けられていて、これを怠ってしまうと罰せられてしまうため気を付けなくてはいけません。

 

この場合、被害者ではなく加害者の方に警察への報告義務があります。

 

その後、警察が到着してから負傷者とどういった形で事故を収めるかについて話し合いをして、状況に応じて保険会社への連絡や治療費の支払いをするのが基本の流れです。

 

『まとめ』

 

 

事故を起こしてしまうと加害者の多くはパニックになってしまいがちですが、落ち着いて正しい対処法を行なうことが大切です。

 

もし事故によって自分も怪我をしてしまった場合は、通院によってしっかりと治療をすることも忘れてはいけません。

 

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では、こういった事故の怪我による体のケアも行なっています。

 

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

 

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。

 

著者

和歌山スマイルはりきゅう整骨院 院長 野鹿瀬 靖識 
柔道整復師、鍼灸師、交通事故専門士、JCCA(コアコンディショニング)トレーナー
整体からトレーニング、骨盤・姿勢の矯正や美容鍼灸までオールマイティに施術する整体歴14年のベテラン。