交通事故にあった!加害者の方への対応はどうすればいいの?

こんにちは。
交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市の鍼灸整骨和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

 

車の運転をしている際、しっかりと交通安全を守っているのに事故にあってしまうケースがあります。

 

交通事故にあうと、事故による自らのケガ、車の故障などさまざまな被害にあうことになります。

 

交通事故にあった際、加害者となる方にはどのような対応をすればいいのでしょうか。

 

加害者への対処法、そして事故にあった際のむちうちなどの治療法を紹介します。

 

『優先順位はけがの確認!』

 

 

交通事故にあったら、まず最優先することはけが人の状態です。

 

この場合、自らが被害者となるのですぐに車を安全な場所へ寄せて、自分のけががどれくらいの状態なのか判断する必要があります。

 

無理な場合はすぐに自分で、あるいは加害者の方に119番をかけてもらいましょう。

 

けがが平気な場合は、加害者との交渉に入りますが、けがが後遺症とし悪化する可能性もあるので、無理をしないことが大事です。

 

その後は警察に連絡をして加害者の身元確認、目撃者の確認、保険会社へ連絡という順に進めます。

 

その後、警察を介してけがの治療費、車の修理代の交渉を加害者と決めます。

 

けがの治療費を請求する場合は、病院で診断書をもらう必要があります。

 

事故が起きたら、まずはすぐに119番か110番に連絡をするのが正しい対処法です。

 

けががむち打ちでひどい場合は、和歌山スマイルはりきゅう整骨院へご相談ください。

 

『まとめ』

 

交通事故によるむち打ちは放置していると後遺症となるので、無理をせず病院へ行きましょう。

 

 

そして治療費は加害者側からしっかりと出してもらうことが大事です。

 

事故後のアフターケアもしっかりと受けることが事故の対処法です。

 

むち打ちの症状が改善しない場合は、和歌山スマイルはりきゅう整骨院へお気軽にご相談ください。

 

事故でゆがんだ体に優しい施術をほどこし、体の改善のサポートをするのが和歌山スマイルはりきゅう整骨院のつとめです。

 

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

 

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。