こんなことも?!実はむち打ちの症状だった!交通事故に遭った人はチェック!

こんにちは。
交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市の鍼灸整骨和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

 

むち打ちという言葉は、誰でも一度は耳にしたことがあると思いますが、その症状まで熟知している方は意外と少ないかもしれません。

 

突然衝撃を受けると、人間の頭は重く、当然頭が体についていく形になり、首元を痛めます。それをむち打ちと言います。

 

もし、自分が交通事故に遭い、後日こんな症状が出たら、すぐに医療機関を受診することをお勧めします。

 

『こんな症状が出たら、それもむち打ちかも』

 

 

追突事故などに遭った場合その直後や、その日一日は興奮状態にあるので、すぐに痛みを感じないケースが多く見られます。

 

後日、落ち着いた時に症状が表れる事が多いので、事故から2週間くらいは、自分の身体の状態に気を配っておきましょう。

 

症状としては、頭痛、耳鳴り、めまいや吐き気、手足のしびれ、首筋から肩にかけての凝りがあります。

 

主に関節や靭帯を痛めているので、首回りだけではなく、離れたところに症状が出ることもあります。

 

直接事故とは関係なさそうに感じてしまいますが、脱力感や食欲不振といった症状が出た場合も、むち打ちが影響している可能性があります。

 

これは、靭帯を損傷することで、脳を包む脊髄液に負荷がかかり、全身に症状が出ていると考えられます。

 

『まとめ』

 

 

軽症であっても、しっかりとした治療をすることは、今後の生活への影響に差が出てきます。

 

首や肩の痛みや凝りの症状などは、筋肉が収縮し柔軟性を欠いてしまう事が原因であるケースが非常に多いので、その固くなってしまった筋肉を柔らかくしてあげる事が必要です。

 

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

 

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。
 

著者

和歌山スマイルはりきゅう整骨院 院長 野鹿瀬 靖識 
柔道整復師、鍼灸師、交通事故専門士、JCCA(コアコンディショニング)トレーナー
整体からトレーニング、骨盤・姿勢の矯正や美容鍼灸までオールマイティに施術する整体歴14年のベテラン。

 

 

// 次の記事がある場合にリンクを表示 // 前の記事がある場合にリンクを表示