交通事故後はどんな症状がでるのか?通院先と治療期間についてもまとめました!

『むち打ちとは』自動車同士で衝突してしまった方のほとんどがむち打ちの症状を訴え、整形外科整骨院に訪れます。

むち打ちというのは正式に「頚椎捻挫」「外傷性頸部症候群」言われ、首に負荷がかかってしまったことによる首の捻挫のことをいいます。

交通事故にあってしまった場合、目立った怪我がなくても後日症状がでてきて、むち打ちに気づくというケースは非常に多いので、交通事故にあった際には必ず病院へ行き、検査をおこなってもらうようにしましょう。

『むち打ちの種類と症状』

むち打ちと言ってもむち打ちには5つの種類があり、それぞれ症状が異なります。

① 頚椎捻挫
② バレー・ルー症状型
③ 神経根症状型
④ 脊髄症状型
⑤ 脳髄液減少型
以上、むち打ちの種類についてでした。

しかし、気になるむち打ちの種類ではなく、むち打ちになってしまうとどんな状態になってしまうのか?ではないでしょうか?

むち打ち後で心配になる症状

先ほどむち打ちの種類は少し難しい内容だったのでわかりづらいんじゃないかと思います。なので少し身近な症状でご紹介していきますね。

手の痺れ

首を痛めることが多い交通事故。首の周りには頸神経叢(けいしんけいそう)といって神経の束があります。その神経の根元が衝撃により痛めてしまい痺れが出ることもあります

他にも頸の筋肉の緊張からも痺れが出る場合があります。

肩こり

猫背や首回りの筋肉が硬くなってしまうことで肩こりがひどくなってしまいます。「今まで肩こりを感じなかったのに、事故にあってから肩こりを感じ始めた」という方もおられるくらいです。

頭痛

交通事故に遭いむち打ちになると頸の筋肉が硬くなり、頭痛に関係してくる神経を刺激してしまい頭痛が起きるようになります。

猫背

交通事故にあうと「猫背」になりやすいです。交通事故にあってしまうと背中を丸めるような姿勢になることが多くなってしまい徐々に胸の筋肉や背中の筋肉が硬くなってしまいます。

不眠症

交通事故に遭われるとまた事故してしまうのではないか。ということが不安になったり、保険会社との対応でストレスを感じ眠りが浅くなったりします。

事故しただけでもつらいのに眠れなくなってしまうと本当につらいですよね。

むち打ちの治療はどこにいくか?

交通事故に遭いむち打ちになってしまった際には、まずは整形外科へ行くようにしましょう。

整形外科に行くべき理由

その理由は下記の通りです。
・ 整形外科には、検査用の機械がそろっているため、精密な検査を受けることができるため。

・ 医師の診断書をもらうことが必要なため。
事故の被害に遭ってしまった場合、加害者に賠償請求をおこなうことになりますが、その際に医師の診断書が必要になります。

整形外科での検査後、必要であれば、治療をおこなってもらいましょう。

しかし、整形外科へ通院しても症状の改善が見られない場合は、整骨院での施術もお勧めです。

整骨院へ行くべき理由

整骨院では、柔道整復師という国家資格を持った方々が施術をおこなうため、専門的な施術を受けることができます。

また、整骨院では自賠責保険の適用が可能です。

ただここで注意して頂きたいのが、整骨院へ転院する場合や、整形外科と整骨院を併用する場合は、担当医師の同意が必要になりますので、相談した上で、必ず同意書をもらってから整骨院に通院するようにしてください。

こちらをおこなっていないと、後々トラブルになることがございます。

『むち打ちの治療期間』 

むち打ちの治療期間は、症状やケースによるのですが、軽度のむち打ちの場合は1ヶ月〜3ヶ月、重度のむち打ちの場合は6ヶ月以上もかかってしまうことがあります。

筋肉を傷めているだけなら、治療にそこまで長い期間を費やすことはありませんが、神経まで傷めてしまうと、治療に長い期間を費やしてしまいます。

交通事故で突然、「痛い!でも・・・温める?冷やす?」

迷われたこと、ないですか?

よく、「分からんかったから温めた!」なんてことをよく耳にします。

間違いではないのですが、一番は冷やすことです!!どうして冷やすのが良いかというと痛みの出始めは‘‘炎症‘‘と言ってその部分が熱を持っている状態です。

そこで今回はすぐに使えるアイシングの行い方をご紹介します。

<アイシングに必要道具>

氷のう(アイシングのバッグ)を用意。

まず事前に用意するものは3つ。

①氷

②水

③氷と水を入れる物

*ビニール袋やジップロックでは、万が一水漏れを起こすと衣類や体が濡れてしまいます。

アイシング慣れしていない方は氷水を入れる市販の物を用意された方が安全に行えますのでお勧めです。

<やり方>

①氷と水を入れる

製氷機や冷凍庫から出した氷には霜が付いているのでそのまま皮膚に当てると霜焼けや凍傷を起こす可能性があるため、必ず水で霜を洗い流してください。霜はサッと水をかけるだけで取れます。

②余分な空気を抜く

氷と水を入れた際、氷のうの中には空気も一緒に入った状態です。

このまま密封すると空気量が多くて、水風船のようになってしまって皮膚に密着せず冷却効果も落ちますので必ず氷のうの中にある余分な空気を抜いてください

③ 氷のうの口の部分を細くし、氷水の入った袋を圧縮し余分な空気は外へ出す

④しっかり空気が抜けた段階でふたを閉めます。

*空気抜きは必須!必ずやりましょう。

細かいコツですが、これが出来るかどうかで治療効果が大きく変わってきますので必ず行われて下さい♪

是非やってみてくださいね。

『まとめ』

 
今回は、交通事故後に見られる症状として多い、むち打ちについてご紹介致しました。

最初にもお伝えしましたが、むち打ちは事故の直後ではなく、事故に遭った翌日になって症状がでることが多いので、事故の直後に痛みがなかった場合でも、念のため、病院で検査を受けるようにしてください。

むち打ちに関して、さらに細かく聞きたいという方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。