事前に知っておきたい!交通事故の対処法を事故後から順番でわかりやすく説明します

こんにちは。

交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市の鍼灸整骨院

和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

 

交通事故は急に起こってしまうものです。

事故に遭ってしまった際に冷静に判断できるよう、今回は交通事故後の対処法についてご紹介します。

 

『交通事故直後の対処法』

 

 

① 負傷者の救護

自分の怪我はもちろん、事故の相手が怪我をしている場合には、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

 

② 警察に電話する

交通事故を起こしてしまった際には、必ず警察へ電話しましょう。
電話しなければ、保険の支払いなどに必要な「交通事故証明書」を発行することができなくなってしまいます。

 

③ 車を安全な場所に移動

警察が来るまでは、現場をそのままにしておいた方がいいのですが、2次災害の危険がある際には車を安全な場所に移動させるようにしましょう。

 

④ 事故相手の確認

警察がくるまでの間、相手の車検証や免許書などを確認しましょう。

 

⑤ 目撃者の確認

交通事故の際、目撃者の証言は非常に重要です。もし目撃者がいるようでしたら、その方のお名前と連絡先を教えてもらいましょう。

 

⑥ 保険会社へ連絡

保険が会社に電話し、事故に遭った旨を伝えましょう。そして、今後の対応について話を聞き、指示通りに動きましょう、

 

⑦ 車を買ったところに連絡

事後の衝撃により、車が動かなくなってしまうことがあります。

 

また、動いたとしても、故障しており、運転すると危険な場合もありますので、代車の手配や修理の手配を進めましょう。

 

⑧ 病院へ行く

交通事故により、むち打ち等になってしまった場合、事故直後に症状がなくても、後日症状がでてしまうことが非常に多いです。念のため、病院で検査をしてもらうようにしましょう。

 

『交通事故で怪我をしたら』

 

交通事故で怪我をした場合には、まず整形外科に行くことがお勧めです。そこで機械を使った検査をしてもらった後、必要があれば治療をしてもらいましょう。

 

 

そして、しばらく立っても症状に改善が見られない場合は、整骨院への転院を検討してみてください。

 

整骨院では、柔道整復師という国家資格を持った先生が患部に直接アプローチした施術を行ってくださいます。整骨院で改善するケースは非常に多いので、むち打ち等になってしまった方は、ぜひご相談ください。

 

『むち打ちとは?』

 

むち打ちは、交通事故の衝撃によって、首に大きな負荷がかかることで引き起こされます。

 

 

多くの場合、事故直後ではなく、事故の翌日に症状がでますので、翌朝起きてむち打ちになっていることに気づくということが多いです。

 

むち打ちの症状としては、首、肩、背中の痛み、全身の倦怠感、手足の痺れ、めまい、吐き気などが挙げられます。

 

「事故に遭ってから首が痛い」、「朝いつものように起きられない」、「身体が重い」などの症状が見られる方は、むち打ちの可能性が大きいです。すぐに整形外科や整骨院に行き、診てもらいましょう。

 

『まとめ』

 

今回は、交通事故に遭ってからの対処法について主にご紹介していきました。交通事故では早めに処置をおこなうことが重要です

 

 

私は多くの交通事故患者さんと接してきた経験と学んできた知識があります。

交通事故や事故後の治療法などで、なにか分からないことや、気になることがある方は、お気軽にご相談ください。いつでもご連絡お待ちしております。

 

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

 

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。