昨日交通事故してしまった。頭痛で悩まないための事故後の対処法とは??

こんにちは。交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

今回は、交通事故後の対処法についてご紹介します。

交通事故は突然くるものです。自分が注意していても衝突されてしまうケースもあります。交通事故後の流れから頭痛で悩まないための対処法を書き出しましたので、ぜひご覧ください。

『対処の流れ』

警察に電話する

交通事故に遭った場合、まずは警察に電話しましょう。

電話では、事故現場の住所(もしわからない場合は、目印になるものを伝えてください)

  • もしケガがひどい場合には、先に救急車を呼ぶ必要があります。

保険会社に電話する

警察を待っている間は、保険会社に連絡し、事故に遭った旨を伝えます。そこで今後の対応について話を聞き、それに従い行動しましょう。

保険会社からは相手の加入している保険会社を確認するよう指示があります。 

車を買ったところに連絡

自動車同士の衝突の場合、車が動かないという可能性がございます。

また車が事故の衝撃で故障しており、そのまま運転すると危険な可能性もあります。ですので、車屋さんに電話をして、代車の手配をし修理の依頼も合わせて行いましょう。

病院に行く

事故後は、目立ったケガをしていなくても病院へいきましょう。

むち打ちの場合、事故後にあまり痛みがなくても、翌日痛みがでることが多いです。

病院では診断書を忘れないようにもらいましょう。後日必要になります。

 

交通事故にあった当日の流れは以上になります。

事故後の対応だけでなく体の対応も考えて!

交通事故に遭われてから警察を呼んだりする対応や対処はある程度みなさんご存知だと思います。しかし、大事なことはその次の日からの行動です。

むち打ち→痛みがなければ大丈夫と考える方がちらほらおられますが痛みが出てからでは遅くなります。

もしくは小さな軽い違和感だからそのうち治るだろうと考えていると今後つらい肩こりや頭痛になりかねません。

なので交通事故後に考えられる頭痛についてお話していきます。 

 交通事故後に多い頭痛

頭痛になってしまう原因になりやすいのは「首の筋肉の緊張」です。首の筋肉が硬くなってしまうと頭の付け根部分にある神経を刺激してしまい頭痛がひきおこされます。

そうなったときは冷やすのか?温めるのか?ということが頭によぎるのではないでしょうか?

まずは冷やしてみてください。

温めてしまった場合、体に炎症反応があったばあい、それがひどくなってしまうことがあります。冷やす方法(アイシングの仕方)などわからないという方は下の記事をお読みください。

交通事故むち打ちやケガをした後の体の急な痛みをケアする方法!!

頭痛というのは筋肉緊張によるものが7割を占めます。筋緊張性頭痛。その頭痛に悩まされている方が多く、その方達は「頭痛薬」を飲まないと不安というお声が多いように思います。

出かけるときは「頭痛薬を飲んでいないと痛くなってしまったらどうしよう」。

薬を飲みたくなる気持ちは良くわかりますが、薬を飲み続けてしまうと「癖」になってしまいますよね。

その癖がなくならなければ頭痛は改善されません

肩こり、頭痛を緩和するために薬を飲むことについて

まとめ

あなたが交通事故で悩まないためにも交通事故に遭われたらすぐに医療機関で診てももらいましょう。

病院で異常がなければあなたが少しでも事故後快適に過ごせるように、整骨院で頭痛にならないか不安と診てもらいましょう。

事故でのケガに関しては、私の方でも対応させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。