症状固定とは?事故後のトラブルを避けるために知っておきたいこと!

こんにちは。

交通事故患者様に絶大な支持を受ける和歌山県和歌山市の和歌山スマイルはりきゅう整骨院です。

今回は、保険会社から支払いの打ち切りを伝えられてしまったMさんの事例をご紹介します。

 Mさんは交通事故に遭い6ヶ月ほど治療をしていたのですが、病院から症状固定と言われ、支払いの打ち切りを宣言されてしまったのです。

 Mさんから詳しいお話が聞けましたので、ご紹介します。

『Mさんのお話』

私は車で信号待ちをしていることころ、後ろから来た車に追突され、むち打ちになってしまったため、治療を行っておりました。

 私は神経も傷めてしまっており、首や肩の痛み以外にも手足の痺れ倦怠感などがありました。

しかし、治療を初めて6ヶ月程たったこと、保険会社から連絡があり、治療を打ち切ると言われたのです。

病院は症状固定との判断をしたそうです。

このまま泣き寝入りするのは嫌でしたので、今後のどうしたら良いのか相談したところ、後遺障害等級認定の手続きをするよう言われ、後遺障害診断書というものを作成してもらいました。

そして手続きを終え後遺障害等級認定を獲得できたので、私の車に衝突してきた方の保険会社に等級に応じた賠償請求を行いました。

症状固定とは

1.医学的な意味

怪我など体の痛みの症状の回復・改善が期待できなくなった状態のことを言います。

簡単にお伝えしますと「これ以上治療を続けても、良くもならないし、悪くもならない」という状態。

リハビリで一時的に症状が良くなったとしても、またすぐに症状が戻ってしまう、一進一退の状態です。

2.賠償上の意味

賠償関係から見た場合の「賠償期間の終期」を意味します。

これ以降の治療費などは被害者さまの自己負担ということです。

治療ができなくなるということではありません。

また怪我についての慰謝料である「損害慰謝料」や「休業損害」も基本的には請求することができなくなります。

医学的にはあくまでも主治医と患者様で相談して決める事です。

※賠償的には争いを生じたい場合が最終的に裁判所で判断されることになります

事故から「症状固定」までの一般的な期間は?

傷病の種類・程度によって大きく異なり、被害者の多い「頚椎捻挫・腰椎捻挫」(むちうち症)の場合は,おおむね半年(6ヶ月)程度とされることが多いです。

医師が「まだ症状固定とはいえない」と判断したのに保険会社が症状固定扱いとしてきた場合、まずは保険会社に対してその理由の説明を求めて納得のいく回答もらいましょう。

納得いかない場合は法律のプロである弁護士に相談されるのが良いと思います。

保険会社との間で自ら話合いを行うことも出来ますが、相手は保険や法律知識に詳しい人間ですので逆に論破されてしまう可能性も考えられますよね。

 

なので最初に自分で交渉してみても良いのですが難しいと感じた場合、自分の加入する保険会社に相談してみるか、弁護士を頼った方が無難です。

『まとめ』

Mさんのように医師が症状固定と認めた場合、保険会社から支払いを継続してもらうことは困難です。

しかし、だからと言って諦めるのではなく後遺障害等級認定の申請など、できることは行いましょう。

もし分からないことがあれば、ぜひご相談ください。

交通事故に遭った、もしくは数年前に完治したはずのむち打ち症と同じような症状がまた出始めた、そういったときはプロフェッショナルである和歌山スマイルはりきゅう整骨院にぜひご相談ください。

和歌山市にある和歌山スマイルはりきゅう整骨院では交通事故(むち打ち)による身体の痛みの相談や交通事故に遭われてからの対応のサポートなども行っております。

 

著者

和歌山スマイルはりきゅう整骨院 院長 野鹿瀬 靖識 
柔道整復師、鍼灸師、交通事故専門士、JCCA(コアコンディショニング)トレーナー
整体からトレーニング、骨盤・姿勢の矯正や美容鍼灸までオールマイティに施術する整体歴14年のベテラン。